スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2016.02.15 Monday
  • -

窓越しの招き猫

クリスマスイブですけど招き猫です。

ぶらぶら歩いているだけで、たくさんの猫に遭遇。

卯野屋仏壇店
卯野屋仏壇店さんの黒猫白猫。お仏壇の前に。

加登長さんはショーケースの中に何匹もいました。
天ぷらとかカツ丼とかうどんとか、
ずらりと並んだ食品サンプルの横にちょこちょこちょこちょこ。
加登長 招き猫 加登長 天ぷらうどん 招き猫

加登長 黒白招き猫 加登長 カツ丼 食品サンプル

加登長 もちうどん 招き猫 加登長 磁器 招き猫

吉村洋傘店さんのショーウィンドウには二匹。
吉村洋傘店 土の招き猫
さすが猫を飼ってらっしゃる吉村さん、
土でできたちょっと珍しい招き猫です。

吉村洋傘店 土猫
あ、こっちの一匹はよく見ると招いてなかった。

吉村洋傘店 黒猫
渋い黒猫さんは以前お店の奥で見せていただいたもの。

東田印房 招き猫
東田印房さんのショーウィンドウには、
すごーく腰の低いお方がいらした。

東田印房 隠れ猫
あ、よく見ると額縁の後ろにもチラリ。

東田印房 隠れ招き猫
かわいい。

ブティックミドリヤの招き猫
ブティックミドリヤさんのレジ横にはピンクの福ちゃん。

岩本工房の招き猫 高崎の張り子
金沢桐工芸 岩本工房の階段にいたのは
黒にショッキングピンクという斬新な色づかいの招き猫。
だるまで有名な高崎の張り子のだそうです。

池田大仏堂の木彫りの招き猫
池田大仏堂さんのショーウィンドウにはこんなお方が。
福々しい満面の笑み。しかも木彫りですねえ。立派!

島田菓子舗の招き猫
島田菓子舗さんのザ・招き猫は高いところにいます。

もとせ屋 招き猫
さらに高いところにもとせ屋さんの招き猫発見。

まだいそうですが、今日はこれまで。
ウィンドウショッピングがてらの
ラッキーキャットウォッチング、いかがでしょう。

追伸:町家巡遊ブログで金澤表参道にある
町家がすこし紹介されています。→コチラ
窓&猫&建築、要チェックですヨ!

昔の商店街と映画 『野性の証明』

「洋服のもとせ屋」さんで昔の新聞記事を発見!

横安江町 凄い人出

この写真がまさかの横安江町商店街なのです!
ちょうどもとせ屋さんの前のところですね。
キャプションには、
「人、人、人でごった返す商店街(横安江町で)」
と書かれています。

たまに、「昔は凄かったのよ〜。
この広い通りが人でいっぱいで
歩くのもたいへんなぐらいだったんだから!」
なんていう声をききますが、
今の商店街のようすを見ていると、
「へえ〜!」と言いつつも、
内心は(またまた〜、大げさなんじゃないの〜)
という気もちもすこしはわいてくるのですが、
この写真を見るとほんとですね…。
たしかに凄い人出です。

そしてもうひとつ、
こちらの写真は、アーケードもついていない時代の。

別院前新天地

「別院前新天地」という名前だったようですね。
古美術永和堂さんのサイトでも紹介されています。

もとせ屋さんによれば、
昔はいろんな映画の撮影にも使われたそうです。
『野性の証明』にも出てくるとうかがって
さっそくDVDを借りてみてみました!

野生の証明

ワタクシ調べでは、
24分ごろ アーケードに暴走族がバイクで暴走
41分ごろ 東別院あたりで殺人未遂
58分ごろ 堀川町の二股の道
59分ほか 成巽閣

東別院というのは商店街側でなく反対の門のほうで、
いまのたぬき堂も出ており、しかし隣にはニューロード
というスナックなど、店が建ち並んでいてびっくり。

『野性の証明』は、1978年10月に公開された映画で、
原作は森村誠一。高倉健、中野良子、薬師丸ひろ子の他、
ハナ肇、梅宮辰夫、舘ひろし、原田大二郎、寺田農、倉石功、
松方弘樹、田中邦衛、大滝秀治、丹波哲郎、三國連太郎、など
端役にも、いまでは有名な役者が大勢出演していました。

福島県の架空の都市が舞台らしいのですが、
ロケは金沢で行われたようで、百万石まつりの様子も!

新聞記事と昔の写真は、もとせ屋さんのお店の奥のテーブルに
ありますので、機会があればぜひ見せてもらってください!

I・Sさんの思い出

金沢市瓢箪町で生まれ育ち、
現在は東京在住の岩本慎史さん(31)に
横安江町商店街の思い出をうかがってみました。

 「横安江町か…。記憶にあるのは、昔、
  キバヤシでTUBEのCD、予約して買ったことかな。
  あとはおもちゃ屋の前のじゃんけんゲームとか。
  じゃんけんゲームって、
  たしか1枚10円くらいのメダル買って
  ひたすら機械とじゃんけんするだけのゲームや。
  おもちゃ屋は2軒あったような…。
  あと靴屋(エース)でアシックスの
  スニーカー何回か買ったわ。
  お祭りみたいな時には巨大ピンボールがあった。
  あとは林屋の抹茶ソフト。」

TUBE

ご購入されたのはこのCDらしいです。
いまやTUBEという柄ではない岩本さんですが、
「TUBEのCDを予約」ってところが
今となってはちょっと恥ずかしい感じですネ!

これからも、老若男女いろんな方に、
この商店街の思い出を語っていただこうと思います。

過去の栄光を振り返るなという声もありますが、
いや、もう、もはや、あえて振り返ってみよう!
思うぞんぶん後ろ向きになってみようじゃないか!

というわけで、つづく…

安いヨ! いきいきギャラリー

いきいきギャラリー」は、高齢者や障害のある方による
さまざまな手作りの品々を販売しているお店なのですが、
奥にながーいので、ついついレジ付近のお菓子で立ち止まり、
食べるものばかりを買って帰ってしまう私…。

梅干し、餃子、ジェラート、ラーメン、パスタソースなどなど、
おいしいものもいーっぱいあるんです。

ちなみに最近気に入っているのは、
大麦粒粉(おーとみーる)と黒胡椒乳酪(くろこしょうちぃず)。

クッキー

他にもいろんな味のクッキー類があってどれもおいしい!
いきいきギャラリーのお隣は小さな広場になっていて
ベンチもあるので、晴れた日には座って食べるもよし。

しかし、お店の一番奥までじっくり見れば、
いやはや食べもの以外にも掘り出しモノが満載ですヨ!
しかも、どれもこれも安い! びっくりです!

「よこチラ!」チラシでは、
色とりどりの花たわし(250円)をご紹介していますが、
アクリルたわしもいろいろ。

アクリルたわし
「アクリルたわし」100円〜

それから、手作り石鹸「けやきシャボン」。

けやきシャボン

そのときそのときで品揃えもいろいろですし、
ぜひともじっくりじっくり物色していただきたいお店です。

NEKOYANAGIの村松さんの絵

山田仏具店の角を入った細道、西の宮通りは、
知る人ぞ知る、ちかごろアツイ通りなのです。

レンタサイクルができ、スナックとイタリアンもできて、
人気陶芸家さんも越してきたりして、なんだか大通りよりも
活気づいているようでちと羨ましくもある今日このごろ…。

その西の宮通りにこの夏新しくオープンし、
すでに大人気店のステーキハウスNEKOYANAGIさん。
前回のポケまーで出された15食限定の「ねこやなぎ丼」は
むろん即完売。幻のどんぶり、食べたかったなあ…。

安江町 西の宮通り

赤いテントが目印のNEKOYANAGIのニヒルな(?)シェフは
村松良さん。けっこう若いです。見た目よりも若いです。
そしてキュートな奥さんの村松千春さん。

ステーキハウスNEKOYANAGI

目を引くかわいいロゴは、なんと千春さんのデザイン!
金沢美大出身で絵を描かれているんだそうです。

村松千春さん

お店のカードやDMなどもすべて千春さん作。
お店のあちこちに飾られたすてきな絵もすべて、
千春さんの描かれた作品だそう。いいですね〜!
写真よりも実物のほうが断然いいのでナマで見てほしい。

村松千春さんの絵

カウンターのみで8席。最高級の和牛のステーキ!
なんと、夜中の2時まで開いているという
このへんではとても珍しい、ありがたーいお店なのです。
しかも元旦から営業! 1/1〜3は22時まで。
これはもう新年早々行くしかないです!

国産和牛ステーキ!

※追伸の注釈:
これ、ほんとは、「オレの趣味」紹介なんですが、
千春さんの絵については、趣味と言っては失礼ですね。
ごめんなさい!

「よこチラ!」完成!

よこチラ!

金澤表参道のニューチラシ「よこチラ!」が完成!
よこっちょのチラシでよこっちょをチラリ。
通りのお店で売っている掘り出し物が満載です!

じつは、この町に住んでいる私ですら
今回初めて入るお店もけっこうあったりして…。
こんなにかわいいものがいっぱいあるとは、
予想していたとはいえ、予想以上の収穫でした。

瓢箪町校下へは年末の回覧板で配付いたします。
その他、おもに北陸3県のカフェや雑貨店などでも
置いていただく予定です。ぜひご覧くださいませ。

送付ご希望の方、置いてくださるというお店の方、
いらっしゃればコチラまでご連絡ください!

「チラシの歴史」ページからもダウンロードできますよ。

そして、チラシ完成にあわせて、HPもできました!
お店の掘り出し物・非売品の発掘品・思い出アルバム、
店主の趣味・お昼ごはん・自慢のペット&孫、などなど
金澤表参道の裏情報を追っていきたいとおもいます!

よこチラサイトにも、リアル商店街にも、
ときどきチラリとあそびにきてください!

追記:
よこチラ!デザインは田中聡美さん、紙版画は霜田あゆ美さん、
チラシ写真は鈴木沙恵子さん、企画・構成は岩本歩弓です。

黒川仏檀店の水に浮くろうそく

金澤表参道のちょうどなかほど、
いちょう館のお向かいにある「黒川仏檀店」。
こんな掘り出しモノを発見!

水に浮くろうそく

なんと、水に浮くろうそく! 4つで600円! 
赤ってことで、10日後のクリスマスに、いかがでしょう?
ピンときた方は急いでください!
在庫がほとんどないようですので…。

お香スティック 花の花

おまけで、お香スティック「花の花」。
なんとなくかわいかったので撮ってみました。

よこチラ!」でもご紹介していますが、
お香もいろんなのが揃ってますよー!
あわただしい年の瀬の気分転換に、
トイレの消臭にも!? おすすめです!

北市さんちのみくもちゃん

北市呉服店の自慢のお孫さんは、美雲ちゃん。
お仕事の関係で、なんとオランダにお住まいとのこと。
横安江町商店街、意外にもインターナショナルです!

今日はたまたま帰国中ということで、パシャリ。

美雲さん

ニコニコ笑顔であいそよし。かわいいね!!!
美しい雲というお名前もすごくすてき。

北市呉服店

ミッフィのよだれかけはKLM(オランダ航空)のもの。
ちょうど帰国ほやほやでまさに着いたばかりのところ
でした。(うしろにはスーツケースが…!)。
美雲さん、長旅おつかれさまです!

北市さんご夫妻は、お孫さんに会いに、
はるばるオランダにも行かれたそうですよ。
飛行機で12時間、プラス関西空港までも数時間。
ほえー、、、遠いですね…。

でも春になったら日本に帰って来られるそうです。
もっと気軽に会いに行けるようになるのが
とってもうれしそうな北市さんご夫妻でした。

東田印房さんの昔のハンコ

金澤表参道をスカイホテルのほうから入ってすぐ左手の
「東田印房」さんには、印鑑ケースがとてもいっぱいある。
いろんな色のポップなの、革の渋いの、和柄の、などなど。
きっと欲しいケースがみつかるとおもいます。

そして、その奥にひそかにあるのは、昔のハンコ。

昔のハンコ

この棚も凄い!
いまじゃあほとんど使われないようなのですが…。

それから、ショーケースの中の文字ハンコセット!
これにはかなりグッときました!

文字ハンコセット

ひらがな、カタカナ、数字、漢数字、アルファベット。
デッドストックなのかな。

平仮名かたかなアルファベット

しかし、かわいいです!

「こんなのもう誰も使う人がいないからねえ」
なんておっしゃるけれど、いやいや、
これは、欲しい人がいそうです!
ていうか、私が欲しいです!

昔の文字ハンコセット

かわいいでしょ?
欲しい人いらしたら、ぜひ訪ねてみてください!
安くしてくださるかもしれませんよ〜

よこっちょ見下ろす昼ごはん

店主の昼ごはんを突撃したいのはやまやまですが、
なかなかそう簡単にもいきませんので、、まずは、
金澤表参道近辺のちょっと豪勢なお昼ごはんから…。

店番していると、お店がお休みでもない限り、
なかなかすてきなランチなどには行けない日々ですが、
たまには、ってことで、いざスカイホテル17階へ!

スカイホテルから見下ろす商店街

商店街の通りを一望できる、絶景ランチ。
雨とはいえ、色づく東別院のいちょうもバッチリ。
「スカイホテルの中華」として、
金沢では昔から愛されてきたお店ですが、
正式な店名は「中国四川料理 鳳凰」というそうです。

スカイホテルの中華

1日限定20食という薬膳粥のランチをいただきました!
さすがに豪華! おいしく満腹!

あ、こっちが土鍋のふた開いてるバージョンです。
ほぼおなじですけど…。

薬膳粥ランチ

ちなみにこの日は、11/22=「いいふうふ」の日、だそうで、
夫婦2組での夜ごはんは、22%OFFになるという企画もあり。
いろいろとお得なサービスもあって、意外な穴場かも。

クリスマスに夜景を眺めながら、とかね、どうですか〜?
スカイホテルでランチしつつ商店街を上から眺めたのち、
腹ごなしに商店街散策、なんてのも、ぜひお試しくださいませ。


チラ見日記

カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

カテゴリー

アーカイブ

リンク

ブログ内検索

その他

モバイル

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

sponsored links