スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2016.02.15 Monday
  • -

昔の包装紙

材木町にあたらしくできた「ねんどスタジオ」におじゃましました。

陶芸家の中田雄一さんの窯で、以前は畳店だった町家を改装し、
土間では陶芸体験教室もされています。キッズも体験可。

改装しているときに出てきたそうですが、これ。

山岸花器店

なんと安江町の山岸花器店さんの古い包装紙!
しかも、包装紙をみつけて、自分で封筒にしたんだそうです!
すごいなあ〜。

花器 火鉢

よーく見ると、桐火鉢って書いてある!
時代を感じさせます。

横安江町商店街のお店の包装紙、
そういえばわたしの家にもありました。

北市呉服店

あら? なんか似てますね。 流行りかな?
北市呉服店さんの包装紙です。祖母の箪笥より。

古い家に残る古い包装紙はおもしろいですよね。
そして、デザインが古めかしいのが今となっては
ちょっとあたらしく感じたりも。日に焼けた風合いもよし。

そういえば、そのねんどスタジオのワークショップでは、
昔のハンコでねんどにもようをつけたりもするそうです。

ハンコ ねんどスタジオ

これはまさに、例の東田印房さんのデッドストックみたい。
そんなふうにも使えるんですね。やはりアレ、買いデスヨ!

まことやさんのJAWSクッキー

JAWSクッキー

非売品ですけど、っていうか、お菓子です。お土産です。
まことやさんの息子さんのUSJみやげだそうで。
よこチラーズ最年少T隊員(2歳)が今日もヨコッチラしていたら
まことやさんに呼び止められ、こんないいものいただきました。
T隊員即食べました。いつだってくいしんぼうなT隊員です。
ちなみにまことやさんの息子さんはT隊員アコガレの消防隊員!
かっこいいネ!

USJみやげ

岩本工房の端板

非売品というか0円の品!

岩本工房 端板

岩本工房の端板です。
隠れた人気商品(?)らしいです。

岩本工房は現在都合により工場のほうで営業中。
ちょっとわかりづらいのですが、
ひょうたん町耳鼻咽喉科明成小学校のあいだですよ。

くつのセブンの三輪車

最年少よこチラリストT氏、もはや夢中です。

オレの三輪車

ええもちろん非売品です。

近くを通ると「ショムラさんとこ寄ってくか」と言います。

オレのバイクにつづいて、オレの三輪車的な…。

セブンの所村さんのお孫さんのです。

コラボンのマット

コラボンさん、今年のお正月は、
いつもどおりの定休日(火木)で営業されていました。

コラボンでお茶をのむと、いきいきギャラリーのお菓子が
ついてきたりもしますが、他にもいろいろいきいきの品が!

なんといってもこれでしょう!

コラボンマット

色とりどりのマット!
喫茶スペースのテーブルと椅子の下に敷いてあります。

椅子の上のざぶとん いきいきギャラリー
おばあちゃんの編むマット いきいきギャラリー マット

おばあさんが作っているんだそうです。
これまたおどろきのお値段でもあります。

マットで寝るとうま
てざわりよくやわらかいので寝るのにもぴったり!?

このマット、コラボンでは非売品ですが、
いきいきギャラリーで販売されていますよ。
お願いすれば、希望のサイズで作ってくださるかも?
ぜひ見に行ってみてください!

BEIGEの蒸籠(せいろう)

松の内ということで、ちょっとおめでたい非売品です。
ブライダルブティックBEIGEさんの入口に置いてある
存在感のある漆の箱。目を引くので気になっていました。

BEIGEの蒸籠

今ではほとんど見かけませんが、昔は「嫁取り」のとき、
黒漆の蒸籠(せいろう)という饅頭箱を玄関に積み上げて、
五色生菓子を配る風習があったようです。
(嫁取りって…なんかかなり時代錯誤な言葉ですが…)。

BEIGEさんは他にないとくべつな結婚式をプロデュース
されている会社なので、このような昔の蒸籠のような品も
結婚式の演出にすてきに使われるんでしょうね!

加登長さんのマッチと釣り銭ケース

昨日、あったか麺をご紹介した加登長さんですが、
たべもの以外でもいいものを発見!

まずはなつかしのマッチ。

加登長さんのマッチ
のれんのデザイン

加登長さんのマッチ箱
渋い書体で、にしんそばなめこそばおろしそば!

なつかしのマッチ
もうアーケードはないので、かえって貴重かも

それから、これ!

加登長さんの釣り銭ケース

なんと呼んだらいいのか、小銭ケース?
釣り銭ケース? おつり専用の便利グッズなのです。

加登長さんのレトロ釣り銭専用

下の丸いボタンをおすと、小銭が出てきます。
二枚ずつ出る列、三枚ずつ、四枚ずつ出る列もある。
昔、文房具屋さんで買われたんだそうです。
駅で駅員さんが使うためのものだったとか?!

いいなあこれ!
使うかと言われたら使わないかもしれないけれど…
でもなんだか凄くうらやましいです!

もとせ屋さんと「カーネーション」

仏教色ゆたかな金澤表参道ですが、
クリスマス仕様のショーウィンドウもちらほら。
もとせ屋さんの古いミシンもクリスマスデコレーション中!
古いミシンが2台も飾られています。
写真がないのでぜひ見て来てください!

たしかすこし前まではこれ1台でした。
古いミシン
携帯できる、小さくてかわいいの。

古いキセル
横にはキセルもありました。

連続テレビ小説「カーネション」を見てたら
うちにも古いミシンがある!と思って出したんだそうです。

しかし古いミシンってなぜかすごくそそられますね。

「カーネーション」に描かれるあのころ、
人々のふだん着が、和服から洋服に変わっていった時代、
多くの呉服屋さんが、洋服屋さんに変わったり、
変わらなかったり、店を閉じてしまったり、したのでしょう。
もとせ屋さん然り。北市呉服店さん然り。

もとせ屋さんのハッピ
お店には昔のハッピも飾ってありました。
(漢字で書くと本清屋さんだったんですね!)

もとせ屋衣服店
こんな札も。

そういえば、北市呉服店さんの奥にもハッピあり。
北市呉服店のハッピ
初売りのときやなんかに着たのでしょうか?

ちなみに、もとせ屋さんで現役のミシンはこちら。
もとせ屋さんの現役ミシン
これも無骨でかっこいい。

ミシン糸
糸は紳士服用なのか渋い色が多いです。
スーツのズボンの裾上げ用かな?

お手製針山
手作りらしき針山もなんだかかわいいです。

龍の絵
ミシン部屋におられる龍! 先代が描かれたとのこと!

数えてみたら、(たぶん)8軒。
金澤表参道にはあんがい洋服&呉服屋さんがあります。
実録カーネーション話、伺ってみてはいかがでしょう。

気になるマネキン

秋のある日、よこチラ隊のよこブラ。

本日は…「スィングモード」の奥にはじめて突入!
ドキドキ…

もうすぐ二歳になる若者男子が「コワい!」と言って
グッと固まったのは、一番奥のマネキンのせいでした。

ツイギーみたいなマネキン

ボウズなのでたしかにちょっとコワいのですが、
よく見るとけっこうかわいいんです。

ツィッギーの時代というのか、
あの頃のミニスカートで付けまつげの時代の感じ?

店主の石井さんにきけば、
「昭和10年ぐらいのものじゃないかなあ」とのこと。

もうすこし手前にあるこちらの

シュッとしたマネキン

お顔のシュッとしたお方はもうすこし新しいものだそう。

あ、もっと手前にはこんなのも!

顔か!?てなマネキン

しかしこれは顔と呼ぶのか…!?

お隣のかつら屋さんがお店を閉められるときに
かつらを譲ってもらうべきだったのでは…?
などと余計なお世話なことを考えながら
ななめ向いの「靴のアサヒ堂」さんにおじゃまする。

ついついマネキンに目がいってしまいます。

アサヒ堂さんのフォンテーヌマネキン

アサヒ堂さんにきけば、なんとこちらのマネキン、
件のかつら屋さんから譲りうけたものだそう!
フォンテーヌと書いてありますね。かつらブランドかな?
ちなみにこの帽子も売っています。靴屋さんですけどね。

おまけ。
見落としてはならぬ大変よこっちょらしいマネキン。

吉川法衣店のお稚児さん

お稚児さん!
「吉川法衣店」さんのショーウィンドウにおられます。

アタマに花!

はい。あたまのてっぺんにお花刺さってます!

意味なくマネキンから目が離せない今日このごろです。
ではまたよこっちょで会いましょう〜!

1

チラ見日記

カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

カテゴリー

アーカイブ

リンク

ブログ内検索

その他

モバイル

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

sponsored links